教室の教育育成制度 | 横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖生育病態医学


教室の教育育成制度

初期研修制度(2年間)

横浜市立大学附属病院の研修医制度は別途横浜市立大学医学部附属病院のホームページ上で案内していますのでそちらも参照してください。 産婦人科を目指す方、産婦人科研修をより充実させて研修希望される方は、ぜひ選択研修期間(自分で自由に選択できる期間がおおむね8ヶ月あります)にもう2-3ヶ月の研修プログラムを組み入れることをお勧めします。

平成22年度の研修制度改革によりプログラムが変更されました。
詳細は臨床研修センターのHPを参照ください。

産婦人科専門医 初期研修プログラム

初期研修医として各科必修でローテ-トする2年間は産婦人科専門医の初期研修と位置付けられております。 この期間の産婦人科研修は指導医である主治医とともに専門診療チームのなかで診療にあたり、産婦人科領域の一般診療プライマリーケア―が可能になることを到達目標とします。
プログラムは1年目の必須選択(1~2ヶ月)と2年目の自由選択(期間自由)の2種類があります。

以下の行事が行なわれています。
ガイダンス 産婦人科診療基本手技のガイダンス
カンファランス チャートラウンド、各専門診療グループの症例カンファランス、
放射線科合同カンファランス、NICUカンファランス
精神科合同カンファランス
ジャーナルセミナー 症例検討、報告、最新医学情報などを紹介するプログラム
(福浦、浦舟合同にて週1回)
研究ワークショップ
研究ミーテイング
各診療グループの研究ミーティングにも自由に参加可能
(積極的に参加をしてもらいます)
なお、横浜市立大学附属病院と附属市民総合医療センター(センター病院)専門診療領域は下記のとおりであり、主たる分担の区分は下表のとおりです。
区分表
区分 横浜市大病院
福浦附属病院 浦舟センター病院
母子医療 婦人科
がん(複雑な治療を必要としないもの)
がん高度治療,集学治療,緩和医療
不妊症(複雑な治療を必要としないもの)
不妊症(複雑・高度な治療を要するもの)
体外受精・補助生殖医療
女性健康(内分泌,小児思春期など)
女性健康(中年,筋腫,内膜症など)
女性健康(更年期,骨粗鬆症,成人病予防など)
周産期(ハイリスク妊娠,胎児異常,胎児治療など)
不育症(習慣流産,死産)
一般の産科(正常分娩中心に)
遺伝相談(カウンセリング)
○:主に診療している  ▲:複雑でない場合は診療 -:取り扱っていない

産婦人科専門医 後期研修プログラム

後期研修は主治医としてさらに専門医取得をめざした診療プログラムのなかで診療にあたります。日本産科婦人科学会で定めた専門医資格取得の規準に即して産婦人科領域全般にわたり研鑽をつむことになります。
専門医資格取得前後までは幅ひろく臨床経験を積む一方、原則として臨床的な課題をテーマ(後期研修テーマ)として選び、指導医のもとで指導をうけながら自らが中心となってまとめて学会、論文等で発表をおこないます。

この後期研修テーマで扱った診療領域・内容がそのまま自分の将来の専門領域になる場合もあれば、修了時点で変更することも可能ですが、専門医資格取得・後期研修テーマ修了後はサブスペシャリティーにあたる専門領域でのさらなる研鑽・研究のため、それぞれの専門診療領域別のグループに所属することになります。
各専門領域は以下に図示してあるので参照してください。

大学院大学院医学科の詳細

1.博士課程
大学院は初期研修修了後以降に入学可能。後期研修中に改めて大学院に転籍して研究に専念するひとも多くいます。
高度な臨床医学に還元できるような臨床基盤的研究をめざす意欲ある方を歓迎します。
研究の場は基礎医学研究室、高次専門研究所等にても行なっています。
院生は基本的には臨床業務上の義務・診療体制の中での義務は負いませんが、希望により、臨床・診療に参加することは可能です。
生活上の支援(アルバイト等)は可能な範囲で行なえます。

主な研究テーマ

(1)婦人科悪性腫瘍の浸潤転移機構の細胞生物学・分子腫瘍学的ならびに臨床的病態解析
(2)女性生殖器悪性腫瘍症例における集学的治療と緩和医療に関する研究
(3)女性生殖・性機能の神経内分泌学的研究.配偶子を用いた先端的生殖補助医療に関する研究
(4)ヒトの臓器形態形成異常、先天異常および臨床遺伝学に関する研究  その他

2.医科学修士
医科学修士は医学部以外の学部卒業生を対象に募集しています。
意欲ある学生さんをお待ちしています。

主な研究テーマ

(1)卵巣癌浸潤転移機構の細胞生物学・分子腫瘍学的ならびに臨床的病態解析
(2)女性生殖器官、生殖機能異常の病態生理学的、病態腫瘍学的研究
(3)奇形発生、先天異常モニタリングに関する研究
(4)女性生殖器悪性腫瘍における精神腫瘍学(緩和・ターミナル医療)的研究
(5)遺伝カウンセリング論ならびに同手法に関する研究  その他
(6)医療紛争における法的解決法の構築に関する研究  その他

診療体制・研究グループについて

教室の診療体制は、各専門領域別診療グループ主導にて行います。
下記の図は附属2病院の診療機能分担を標記しております。


指導層の助教、准教授クラスはそれぞれの病院に勤務地を固定したうえで、
臨床研究・指導体制を整備。

病棟業務、外来診療、については必ずしも上記の診療体制によって分離できない部分の
共同負担が必要となります。

教育について

教育指導・臨床研究病院としては、大学(福浦)附属病院、(浦舟)附属市民総合医療センターをはじめ、研究・教育指導可能な基幹関連病院(教育指導病院)が上記の診療(専門)グループ、臨床研究の核となって機能する体制を整備。

研修プログラム
研修内容 期間 所属
初期研修
産婦人科含む
2年間 全領域~大学、基幹関連病院(教育指導病院)
後期研修
産婦人科含む
3~4年間 全領域と希望により、部分的に、
診療(専門)グループに配属
研修プログラム以降後
  • 1. 診療(専門)グループに固定、専念(特に大学、専門病院)、サブスペシャリストを目指す。
       臨床研究、臨床的基礎研究
  • 2. 全臨床領域の専門家(各種の専門医資格など)教育指導病院の診療指導者へ
  • 3. 全領域をまんべんなく診療する道、(その中間的なものとして専門色を維持しつつ全領域という立場も ありうるし、ならざるを得ない場合もおこるものと思います)
  • 4. 個人、小規模診療所・検診センター・小規模病院就職の方向性を選択

入局者は後期研修時期にいずれかの診療(専門)グループに所属し、
専門医資格取得までに臨床的・基礎的研究をまとめる(後期研修テーマ)

学生(学部)教育における教育指導病院の役割

学生(学部)教育、初期、後期研修における指導の評価制度(相互)を整備し
教室総会の運営に活用

研究について

各臨床専門領域における臨床的解析研究からえられたものを情報発信する役割もあれば、
また一方で、基礎医学的、分子生物学的アプローチによる新知見への模索とその臨床へのフィードバックをになう役割もある。
いずれも大学に所属する医師は社会に対する使命としてその役割を期待されている。

それぞれの立場でもっとも自分に合ったスタンスで研究にとりくむことが重要
  • 研究委員会
    研究プロジェクトの審査承認
    研究費の調整、調達に関する負担の調整
    研究プロジェクト間調整-重複、無駄の整理
  • 研究は原則としてプロジェクト毎にチームリーダーを中心に構成した研究チームを設置
  • 基礎的研究は、基本的には臨床研究を原点にしたものすなわち、
    基礎的 臨床研究であることを原則。専門領域別診療グループのもとに帰属。
  • いわゆる純然たる基礎研究(基礎講座などでおこなているプロジェクト)には、
    プロジェクトチームリーダーを軸に共同研究のかたちでくむか、
    医局員の立場からは希望と勤務の状況により大学院生、研究生、留学のようなかたちで対応。
  • 臨床研究基幹病院としては、大学福浦、浦舟病院をはじめ、 研究・教育指導可能な基幹関連病院(教育指導病院)が上記の診療(専門)グループ、臨床研究の核となって機能する体制でおこなう。
    これらの臨床研究基幹病院指導スタッフは大学の教育スタッフの一員、
    すなわち臨床教授・非常勤講師として大学、教育指導病院に所属する教室員への指導、大学院生の指導もできるような体制をとる。
  • 共同研究の推進(基礎講座、他機関、企業研究所、外国)。
  • 臨床的にフィードバックできる価値ある症例報告もふくめ、研究成果の発表は学会よりも論文(できるだけ英文)で(とくに学位取得は共著の英文論文を原則に)。
  • 大学院、研究生
    長期留学(海外、国内施設) 1年~
    短期内地留学(身分保証にて) ~3ヵ月

教室総会・教育関連病院責任者会・教室会・人事委員会・研究委員会

大学病院、全教育指導病院、在籍者による重要事項の決定・また研鑽も目標とした組織。
(教室OBの同門会とは別組織)

常設の各会、委員会を通じて機能的・透明性のある運営

専門領域別医師配置不均衡の調整、医師の勤務環境の改善・相互支援

メーリングリストでの情報交換:教室、基幹病院からの情報発信の収載、連絡、情報交換、症例のコンサルト

このページのトップへ