ご紹介くださる先生方へ | 横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖生育病態医学


ご紹介くださる先生方へ

責任を持って最善の治療を
先生方には患者様のご紹介、ご連絡をいただき、
まことにありがとうございます。
今後も最善の努力のもと、ご紹介いただいた患者様の治療に
専念するとともに、治療後は再び機会をもって、
先生方とともに協力しあい、
患者様を診療させていただきたく存じます。

横浜市立大学附属病院(福浦)に診療をご紹介いただく場合

アクセス・診療時間は以下に記載してあるとおりです。お確かめの上、ご紹介下さい。
住所 〒236-0004
横浜市金沢区福浦3-9
京急金沢八景駅もしくはJR新杉田駅より横浜シーサイドラインにて
『市大医学部前』下車
⇒地図を見る
診療受付 月~金 8:45~10:30
電話 045-787-2800(代表)

紹介患者さんの初診」についての詳細はこちらをご覧ください。
予約初診は、2009年7月よりすべて紹介制となります。
(但し分娩予約の新患の方は先着順で紹介状は必要ではありません)

附属器茎捻転や異所性妊娠、大量不正出血などの緊急疾患も積極的に受け入れていますので、これらの場合は上記時間以外でも当直医にご連絡ください。
対象疾患は夜間休日でも腹腔鏡下手術を施行できる体制になっています。

診療部署別担当責任者は以下のとおりです。

各診療部署のエキスパートが担当責任者となっております。

2017年4月現在
産婦人科部長(教授) 宮城 悦子(腫瘍)
病棟主任(助教) ルイズ横田 奈朋(腫瘍)
産科主任(講師) 小川 幸(周産期)
外来主任(講師) 倉澤 健太郎(女性健康・周産期)
わたくしどもでは患者様の診療内容をよりレベルアップできますよう定期的なカンファランスを開いております。
横浜市医師会生涯研修プログラムとして認定されております。原則として毎週月曜日朝8時から9時まで開催しておりますので、 ご興味のある先生は医局長(松永竜也)までご連絡ください。
なにとぞ今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。

(浦舟)市民総合医療センター 婦人科に患者様をご紹介いただく場合

当院は紹介外来制を実施しております。

紹介外来制とは?
初診の方は、まず、お近くの診療所などの医療機関(かかりつけ医)を受診していただき、当院での診療が必要と判断された場合に、紹介状により当院で受診していただくものです。
当院に受診される場合は、紹介状をお持ちください。
当院は、地域のかかりつけ医(お近くの診療所などの医療機関)との役割分担を図る「地域医療支援病院」の承認を受けています。 「地域医療支援病院」とは、地域完結型医療を目指し、医療機関相互の役割分担と連携を進めるとともに地域の診療所や病院等を支援する病院です。
当院では、お近くの診療所等を普段の健康管理や健康相談など、様々な問題について気軽に相談できる「かかりつけ医」としていただき、高度医療や専門的な手術などが必要となった時に、紹介状により当院を受診していただくことを進めています。

紹介状をお持ちでない場合は、受診していただけないことがあります。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

(浦舟)附属市民総合医療センター 総合周産期母子医療センターに患者様をご紹介いただく場合

1.産科救急疾患、新生児救急疾患の場合
神奈川県周産期救急システムに基づいて対応させていただきます。
総合周産期母子医療センターは横浜地区(横浜市・藤沢市・鎌倉市)の基幹病院です。
同地区内での産科救急・新生児救急疾患には可能な限り対応するよう努力しておりますが、病床などの理由で総合周産期母子医療センターでの受け入れが困難な場合もあります。
この場合には他の医療機関での受け入れを当センターから要請し、受け入れ先が確保でき次第、発生元の医療機関に連絡させていただきます。
迅速な対応を心がけておりますが、神奈川県内のNICU病床数は依然として不足しており、場合によってはお待たせしたり、確保できた医療機関が遠隔地(ときには県外)となる場合もありますので、その旨患者様にご説明をお願い致します。

ご連絡は昼夜とも、病院代表電話番号045-261-5656にお電話の上、産科救急または新生児救急であることをお伝えください。担当医師におつなぎ致します。
2.妊婦様を分娩目的で紹介いただく場合
妊婦様を分娩目的で紹介いただく場合救急疾患ではないが、ハイリスク妊娠や妊婦様のご希望で総合周産期母子医療センターでの分娩をご紹介いただく場合は、必ず事前に先生方からのお電話をお願いします。
総合周産期母子医療センターでの分娩は予定月ごとに定員を決めさせていただいております。定員を超えているかどうかは「最新情報」を参照してください。定員を超えている場合には、リスクの程度によってはお断りさせていただく場合もありますので、できるだけお早めのご紹介をお願い致します。
なお、胎児異常の疑いがある場合には、神奈川県立こども医療センターへのご紹介をお勧めします。ただし胎児心臓疾患に関しては附属病院(福浦)で対応が可能です。

ご連絡は平日(月~金)8:45~17:15に病院代表電話番号045-261-5656にお電話の上、
総合周産期母子医療センター・青木(あおき)までお願い致します。
3.妊娠前のご夫婦の相談、遺伝相談、習慣性流産(不育症)のご夫婦の相談、
   妊娠中のセカンドオピニオンのご希望の場合
随時受け付けております。日本人類遺伝学会及び日本遺伝カウンセリング学会認定の臨床遺伝専門医と日本遺伝カウンセリング学会認定カウンセラーが対応いたします。
この場合も必ず事前に先生方からのお電話をお願いします。

平日(月~金)の8:45~17:15に病院代表電話番号045-261-5656にお電話の上、
総合周産期母子医療センター・青木(あおき)までご連絡ください。
4.NICU退院児のフォローアップ外来で紹介いただく場合
NICU退院児のフォローアップ外来のご紹介は、
平日(月~金)8:45~17:15に病院代表電話番号045-261-5656にお電話の上、
総合周産期母子医療センター・関(せき)までご連絡ください。
いずれの場合も、紹介状とともに、すでに先生方の医療機関で施行した検査結果(感染症など)があればそのコピーを患者様にお持ちいただいてください。

このページのトップへ