診療内容:(福浦)付属病院 | 横浜市立大学大学院医学研究科 産婦人科学 生殖生育病態医学


診療内容:(福浦)付属病院

婦人科腫瘍・がん

正確な告知を行うように努めており、その後は精神的な面もふくめ、十分なフォローが行われるように診療。治療内容については、十分な相互理解のもとに医療サイドと共に協力した治療を行う方針。治療は精神科的カウンセリング、緩和医療も含め、放射線科、外科、泌尿器科、病理科等との集学的・包括的診療体制をとっています。
なお当院はがん、特に専門特色としている卵巣がんは関東地区の中でも数多くの症例を診療しております。

がん緩和ケア

がんの包括的診療体制のなかで、緩和医療体制の教育機関としての役割をになっています。精神科と共同診療体制をとり、精神的な面もふくめ、十分なフォローが行われるように診療。

女性健康外来

1.内分泌、小児・思春期外来
無月経、月経不順、内膜症、筋腫などの女性としての健康障害・症状に対する総合的診療。小児期、思春期に対する心のケアーも行う。対象は小児期から中高年にいたるすべての年齢層です。手術により閉経前に卵巣摘出された症例、子宮内膜症、不妊症などの診療も含まれますが不妊治療のうち、高度先進医療となる部分は浦舟にて行います。また、ターナー女性を対象とした専門外来を設けております。
2.生活習慣病予防(更年期)・骨粗鬆症外来
中高年(更年期)以降の女性を対象。骨粗鬆症、高脂血症等の治療を、食事・生活指導を取り入れながら個々の病状にあわせて対応。

腹腔鏡下手術

なるべく創を小さくして体の負担を減らす腹腔鏡下手術は時代の流れであり、当科でも積極的に行っています。日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医が在籍しており日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設となっています。20144月から早期子宮体癌の腹腔鏡下手術に保険が適用され、これに当てはまるものは原則腹腔鏡で手術を行っています。当院にはダビンチシステムも導入されており、婦人科領域でもロボット支援手術を開始しました。また、腹腔鏡下仙骨腟固定術も開始しております。

 

20154月から20163月までの1年間に施行した主たる腹腔鏡下手術の内訳は次のとおりです。

 

腹腔鏡下付属器切除 45

腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術 23

腹腔鏡補助下卵巣腫瘍摘出術 3

腹腔鏡下子宮筋腫核出術 18

腹腔鏡補助下筋腫核出術 1

全腹腔鏡下子宮全摘術 84

全腹腔鏡下準広汎子宮全摘術 14

ロボット支援腹腔鏡下子宮全摘術(内広汎3例) 6

腹腔鏡下仙骨腟固定術 2

その他 6

 

 202

 

産科

正常分娩を中心に、中等度の救急・合併症症例などの症例にも対応します。夫立会い分娩も可能。分娩室はLDR(陣痛から分娩、産褥まで居室のなかで分娩できる部屋)対応。
分娩管理の基本方針は自然分娩ですが、十分な説明・理解のもとに医学的適応により、 必要な産科的検査、処置、治療が随時おこなわれております。
また母乳保育基本とし、24時間母児同室制を取り入れています。

2008年8月、当院はWHO、ユニセフから「赤ちゃんにやさしい病院」(BHF)に認定され、母乳中心に母と子の自然のふれあいを大切にした取りくみをしています。

  • 出産室 LDR室

  • 母児同室

  • 分娩室

遺伝子診療部

一般的な遺伝相談もふくめ、専門資格のある遺伝相談カウンセラー医師が 応じております(予約制)。

附属病院遺伝子診療部

遺伝カウンセリング、遺伝子検査、(遺伝子治療)の窓口、また、臨床遺伝専門医、 遺伝カウンセラー育成課程の中央部門として2002年4月1日発足(附属病院の中央部門)。

部長:平原史樹教授、浜之上はるか医師、その他各科からの臨床遺伝専門医


(福浦)附属病院の外来担当医情報は下のボタンをクリックし、外来担当医表でご確認ください。

外来担当医表はこちら

このページのトップへ